ホームページの売上アップ

MENU

インターネットマーケティングの手法の一つに、ランディングページ最適化というものがあります。略してLPOと呼ばれ、コンバージョンの最適化やコンバージョン率の最適化を図ります。ウェブサイトの訪問者をいかに顧客にし得るか、その比率の向上を目的としたのがLPO対策です。潜在的な顧客が検索結果広告にアクセスしたときに、リンク先として表示されるウェブページがランディングページです。リンクや広告について、詳細に...

LPO対策には、2つの実験方法があります。●期限付きテスト顧客に対して、一定期間に複数のバリエーションのウェブページを表示してデータを取得する方法です。終了時には、結果から導かれた最も優れたウェブページが選択されます。●期限なしテスト期間を定めずに、断続的にウェブエージを顧客に表示する方法です。リアルタイムな集計から、動的に最も優れたページに変更し続けるのです。LPO対策には、ABテストや多変量テ...

LPO対策のテスト方法であるABテスト、多変量テスト、トータルエクスペリエンステストが、それぞれどのようなテストなのかを紹介します。●ABテストAとBという2つのタイプのページをテストするのに、利用されます。ホームページやFAQ、製品ページなど、サイト上に存在する各ページに複数のタイプを用意して、テストを行います。より効果の高かったページが、最終的に採用されるのです。逐次的、並行的に行われ、逐次テ...

リスティング広告では、キーワードのアクセスが高いものに出稿すれば成功するとは限りません。いくら経費をかけてアクセスを収集できても、ランディングページに問題があればコンバージョン率を上げることは不可能なのです。そのようなわけで、どんなときにもLPO対策は必須となります。LPO対策でまず必要になるのは、アクセス解析です。ホームページにアクセス解析を設置して、データの検証を行うことは重要です。LPO対策...

LPOとは、ランディングページ最適化の略称です。閲覧者がリンクしてきて最初に表示されたページが、ランディングページです。ランディングページ最適化とは、ランディングページに置かれたボタンやキャッチコピーなどの要素をABテストなどにより分析して効率よく機能させることです。もう少しわかりやすくいうと、GoogleやYahoo!などの検索サイトに表示されている広告からリンクされた最初に表示されるページが、...

LPO対策に大切な、7つのポイントをまとめてみました。1.選択肢を少なくする。目的を明確にせずにサービスを追加していくと、ホームページに無駄な情報が増えてしまいます。アクションの定義を明確にして、他のものは排除していくことです。2.約束を厳守する。ウェブページへの訪問者は、ランディングページに辿り着く前に何らかのイメージを抱きます。ランディングページにブランドカラーが現れていないと、立ち去られてし...

アフィリエイトサイトなどを運営するにも、SEO対策とLPO対策を行うことは欠かせません。検索エンジン最適化の略称であるSEO対策は、検索結果として目立つ位置に頻繁に表示されるようにウェブページを書き換えることです。似た言葉にSEMがありますが、こちらは検索エンジンに出稿した広告から自社のウェブサイトへの訪問者を増やすマーケティング方法です。SEOとSEMには緊密な関係があり、ひとまとめに扱われるこ...

せっかく訪問者がランディングページにやってきても、すぐに立ち去ってしてしまうということがあります。ページのボリュームが多かったり、読みにくい箇所があったり、探している情報が見つかりにくいといったことが、離脱の原因です。目的としていた情報になかなか辿り着けないと、訪問者はものの数秒でイライラしてサイトから立ち去ってしまうといいます。訪問者の離脱を減らすためには、情報が整理されたウェブサイトを作ること...

LPO対策とSEO対策は、どちらが欠けてもうまくいかないものです。ただ、順番としては、LPO対策を先に行ったらよいといえるでしょう。というのも、いくら訪問者をウェブサイトに誘導できたとしても、ランディングページがおろそかではすぐに立ち去られてしまうからです。商品などの購入を決めてもらうためには、ランディングページを充実させて購買に誘導することが大切なのです。実際、SEO対策を行って訪問者をサイトに...

SEO対策やSEM対策で広告出稿の費用対効果を上げるためには、LPO対策が重要です。なぜなら、ユーザーが検索したキーワードは、ランディングページで見つけたい目的そのものだからです。そのため、ランディングページでは、ユーザーが共感しやすい文章や画像で構成して最適化していく必要があります。ユーザーの目的に応えられるランディングページを作るのが、LPO対策なのです。例えば、ユーザーが転職先を探している場...

LPO対策のサービスには、主要な6つの項目があります。・ターゲットキーワードの抽出様々なキーワードを、リストアップして選定していきます。ビッグキーワードと呼ばれる多くのユーザーからニーズのあるキーワード、ロングテールキーワード、地域キーワードなど、サイトに関連するキーワードを挙げていきましょう。キーワードの検索数や競合数などを分析して有効度調査を行ったら、ターゲットキーワードと照合して最大限のアク...

サイトにアクセスしたユーザーを成果に結びつける前に逃がしてしまうのは、そのサイトに求めていたものが見つからなかったからです。あるいは、求めるものがサイト内にあったのに、見つけられずに去っていったのかもしれません。少しでも多くのユーザーを訪問させて成果に結びつけるには、ユーザーが目的としている情報をスピーディーに見つけられるように整理することです。あまりにも情報が多すぎるサイトも、ユーザーを混乱させ...

LPO対策には、サイトでのおすすめ商品を絞り込んで商品に付加価値を付けることも大切です。例えば、ネットスーパーのチラシでは、お買い得感をユーザーが感じられる企画を見つけることができます。「限定」や「割引」の文字に弱いユーザーは、多いものです。プレゼントや会員制のポイントシステムも、リピーターの確保には有効です。こうした企画は、ランディングページにも応用することができます。商品の発送を行うときにも、...

SEO対策は行ったのに売上が伸びないという場合は、3つの原因が考えられます。・タイトルタグに工夫がなく、売れない。・ランディングページが最適がされていない。・購買までのクリック数やページ数が多い。これらを解消するだけでも、売上率は変わってくるでしょう。そのためには、SEO対策に平行してLPO対策を重視する必要があります。まず、ランディングページでは長文を使わないということです。ユーザーがアクセスし...

ユーザーがサイトにアクセスしてきても、すぐに立ち去ってしまう確率を直帰率といいます。ユーザーは気まぐれで飽きっぽく、ほんの数秒でサイトの価値を判断して居残るか立ち去るかを瞬時に決定するといわれています。アクセス数を稼いでも売上が伸びないのは、ここに原因があります。つまり、LPO対策を有効に行わなければ、直帰率を高めてしまうのです。LPO対策を行っているのに売上が伸びないと悩んでいる方は、直帰率を下...

ユーザーがサイト内で購買などの成約まで辿り着いてくれることをコンバージョンといいます。コンバージョンの確率のことをコンバージョン・レートと呼び、日本でいえば成約率にあたります。LPO対策で最終的に目指すのもコンバージョンであり、コンバージョン率を伸ばすことで売上率が上がったということになります。LPO対策では、ウェブサイト・オプティマイザーを利用してコンバージョン率アップを図ることができます。ウェ...

Googleのウェブサイト・オプティマイザー以外にも、LPO対策に有効なツールはあります。ウェブサイト・オプティマイザーと併用することで、さらに強力なマーケティングを実現することができるでしょう。グーグルアドワーズは、やはりGoogleが提供するツールです。ウェブサイトにコードを貼り付けることで、コンバージョン率のテストを行えるのです。ライブチャットというツールでは、サイトからすぐに離脱するユーザ...

LPO対策をしたいけれど、何から始めれば良いのかわからないという方もいるでしょう。そんなときには、サイト内の弱点をクリアすることから始めましょう。ユーザーが訪問して成約が完了するまでの流れを見直し、問題がないかを検証してみてください。広告、商品ページ、ホームページ全体、友達紹介、オーダーの確認ぺージなど、様々な要素の中から問題点を探してみるのです。商品の販売サイトであれば、目玉商品の販売を第一にす...

LPO対策nテストで、何を行えば良いのか迷ってしまっている人もいるかもしれません。どの商品やサービスが有効かを知るためには、様々なテストが必要です。ユーザーが求める商品やサービスを、サイトの目立つところに置くことも大切です。スクロールしたり、何度もクリックしてページを辿らなければならないような場所に求めるものがあるのは嫌ですよね。特に、人間は左端からサイトを見るという傾向があるそうです。左端の上部...

文章構成やページのレイアウトを見直すだけでも、LPO対策に有効となることが多いものです。ユーザーは、一般的にサイトに訪問したときには左上の上部から目を走らせます。左上にはヘッドラインがありますから、ここに自分が伝えたい言葉をわかりやすく書き出しましょう。さらに、ユーザーに混乱させないように、イメージやテキストの必要性を見直してみてください。ユーザーにとって意味のないコンテンツは、邪魔に思われるだけ...

ここに、LPO対策について説明した文章がありますので読み比べてみてください。「LPO対策とは、ランディングページ最適化の略称であり、ユーザーが一番最初にアクセスするページのユーザビリティ向上を目指すための対策のことを指します。」「LPO対策とは、ランディングページ最適化の略称です。ユーザーが最初にアクセスするページのユーザビリティの向上を目指す対策のことを指します。」読んでみて、どんな印象を受けま...

訪問してきたユーザーを商品への購入にスムーズに誘導してあげるのが、LPO対策の成功です。ユーザーが最初に目につくコンテンツは、非常に重要になってきます。そこでサイトに関心をもってもらえるかどうかが、コンバージョンの獲得にかかっているのです。そのためには、サイトにアクセスしてきたユーザーが何を求めているのかを知ることです。テストしてみるとわかることですが、ひょっとするとサイト側が提供していると思って...

LPO対策は、一度行ったら終わりというものでもありません。最初に行うときにも、一通り完成したサイトを見直してみましょう。どんなことを確認したらよいかというと、まず何を売っているかが一目でわかるかという点です。アクセスしたユーザーが、サイトの目的と自分の目的との合致に気付けるのが理想です。何らか目的を持ったユーザーが、目的のコンテンツにたどり着くのに時間がかかるのもよくありません。サイトにアクセスし...

LPO対策が一通り済んだら、サイトのチェックを行っていきます。その際、商品の魅力について表示しているかは、よく確認してください。商品の魅力をアピールするには、キャッチコピーが欠かせません。商品画像の上か下には、キャッチコピーを入れましょう。というのも、人間は商品を想像する際に文言によりイメージが反映されるという心理を持っているからです。キャッチコピーが良ければ、商品のイメージがよくなるということで...

サイトの第一印象は、LPO対策にとって非常に重要です。購買意欲をそそるような画像を目立つ位置に配置することで、有効なサイトを作っていきましょう。画像は、一目で何を扱っているサイトなのかがわかります。画像以外にも、文字の色やサイズは大きな影響を与えます。せっかくのキャッチコピーも、文字が小さかったり見づらい文字色では逆効果です。ユーザーのストレスとなって、二度と訪れないと思われてしまいかねません。文...

サイト上の文章の見直しは、サイトを運営していく過程で常に必要です。文章を作るときには、重要なキーワードをいくつか絞っておくと、短文にするときにも便利です。商品説明をきちんと行った上で、読みやすくわかりやすい簡潔な文章になるように、心がけてください。多くのユーザーは画像などのイメージを重視する傾向がありますが、中には文章を読み込んでいるユーザーもいます。首を傾げられてしまうような文章を掲載していては...

顧客の心理をつかむことが、LPO対策には欠かせません。ユーザーの心理を知ることで、ランディングページをより最適化することができるのです。多くのネット広告では、おすすめ商品やお得情報を前面に出してサイトへの誘導を図るでしょう。広告を見て期待したユーザーは、サイトにアクセスして求めているものを見つけることで満足します。もしも広告とは違う結果にたどり着いたら、ユーザーは二度と訪れてくれないかもしれません...

LPO対策は、サイトを運営する上で欠かせない要素だといわれています。誰もが当たり前に検索をする世の中になり、検索結果として広告が表示されるPPC広告が注目されています。PPC広告からアクセスされるのも、ランディングページです。そのランディングページがおろそかな内容では、購買どころか1秒も滞在してもらえないかもしれません。LPO対策の重要さが、ますます注目されているのです。多額の費用をかけてユーザー...

ランディングページへの誘導はSEO対策になりますが、これを知っておくことでLPO対策の仕方も変わってきます。例えば、自分のブログを持っている人は、他人のブログを紹介したことがあるかもしれません。このリンクを張るという行為でも、ランディングページへの誘導には効果が出てきます。どこかのサイトとリンクをし合うことも、自分のサイトへの誘導に影響が出てきます。しかし、リンクを張ったからすぐにアクセスが伸びる...

ランディングページは、ユーザーが訪問して成約するかどうかを決める勝負どころです。しかし、LPO対策にとっては、それだけではない目標もあるはずです。商品の販売を行っているサイトなら、リピーターを作って買物を継続的にしてもらえるようなことが目標かもしれません。自分の目標を明確に持っていることで、LPO対策の方法も定まってきます。まずは、LPO対策の目標を立てておきましょう。商品の購買や成約など以外の目...